「J. インフルエンザワクチン」カテゴリーアーカイブ

ワクチン接種の最新情報

ご存じの通りに、新型コロナウイルス感染症の流行が少し落ち着きつつある状況ですが、まだまだ連日、新規陽性者が発生しています。一方、「インフルエンザ感染症も今年は流行する」との大方の予想となっています。

双方のワクチン接種についてですが、続々と行政や製造メーカーより情報が入ってきました。コロナワクチン(オミクロン株対応)とインフルエンザワクチンの接種について、現時点での当院の方針は、下記の要項の通りになります。ご検討を頂き、接種をご希望の場合は電話にてご予約下さい。双方とも受付を開始しています。

コロンワクチンに関しては、オミクロン株対応といっても現在流行中のBA.5型ではなく、BA.1型対応となっています。それでもBA.5型への効果が期待されてはいますが、結局のところ、BA.5型対応ワクチンも近々登場するそうです。つまり待っても待っても切りがありませんので、あまり考えすぎずに、その時に打てるものを打つことが賢明でしょうか。

また、これまで何度もお伝えしてきましたが、あくまでもワクチン、予防接種ですので、効果と、副作用や職種などによる必要性とのバランスが重要です。持続する高熱や強い倦怠感、血栓症や間質性肺炎など、無理して打つ必要がない場合、むしろ打ってはいけない場合もありますので、ご注意下さい(2022.9.23 改)。

コロナワクチン(オミクロン株対応) 接種要項

●ワクチン:ファイザー社製オミクロン株対応ワクチン
●接種間隔:前回接種から5ヶ月以上経過している
●接種対象者:下記の行政の基準に準じる

○4回目未接種の方
・60歳以上の方
・18歳以上で基礎疾患を有する方など
○3回目未接種の方
・12歳以上のすべての方
○1回目・2回目未接種の方は接種できません

●接種開始:10月13日、10月27日、11月は未定
●接種日時:木曜日(午後)のみ
●体調不良以外は、原則キャンセル不可 (廃棄となるため)
●接種後15分を目安に、院内で経過観察する
●インフルエンザワクチンと同時接種を可能とする

※予約受付中です。

インフルエンザワクチン 接種要項

●接種対象者:原則高校生以上
●接種開始:10月3日(月)開始予定
●接種日時:通常診療の時間帯(平日 午前/午後)
●原則1回接種
●費用:3,500 円(助成のある方は、自治体により費用が異なります)
●コロナワクチンとの同時接種を可能とする。

※予約受付中です。

インフルエンザ予防接種2021

インフルエンザワクチンの予防接種のご案内になります。例年とは異なり、今回は制限を設けて接種をすすめる方針としていますのでご注意下さい。以下が要項になります。

対象 当院への通院歴・ワクチン接種歴のある方に限る
(現時点ではご家族様もお断りさせていただきます)

接種 開始しました

原則1回接種

費用 3,500 円
(助成のある方は、自治体により費用が異なります)

接種を開始しまだ2週間ですが、予約分も含めると、ワクチンの在庫がなくなりました。おそらく再入荷があるものと思われますが、少なくとも当日接種はできません。二次予約として、予約は受け付けますが、接種の確約ができません。おそらく他院様も同じような状況と思われますので、メーカーには増産を期待したいところです。ご了承下さい。 2021.10.30 院長

当院では、呼吸器疾患や糖尿病を中心に診療しています。インフルエンザをはじめとした感染症にかかりやすく、かつ重篤化しやすい方が多く、ワクチン接種を強く推奨していかなければならない立場でもあります。

しかしながら、例年以上にワクチン入荷数に限りがあるようです。当院への通院歴・ワクチン接種歴のある方に接種を制限しても、それでも残念ながら、皆様に行き渡らない可能性が高いと予測しています。

さらには、新型コロナウイルス感染症と同様に、インフルエンザの流行がどうなるのか、全く予測がつきません。今年は随分、専門家の先生方もコメントが控えめですよね? 深く考えすぎずに、できる備えはしておくことが正解なのかもしれません。

それでは、ご予約をお待ちしております。

追伸、日本感染症学会は「2021-2022年シーズンにおいても、インフルエンザワクチンの積極的な接種を推奨する」と発表しました(PDF:2021-2022年シーズンにおけるインフルエンザワクチン接種に関する考え方)