Q & A

Q1 呼吸器疾患、糖尿病・内分泌疾患以外でも受診できますか?

患者さん・ご家族さん・医療スタッフさんから問い合わせをいただいています。私たちは専門医でもありますが、内科医ですので、もちろん受診していただくことは可能です。風邪・インフルエンザ・花粉症・健康診断などの際も、お気軽にご相談下さい。三重大学病院での初期研修に加え、市中病院でも一般内科領域の後期研修を受け、また三重大学病院の救命救急センターでの研修も受けました。幅広く内科領域を研修してきたつもりです。ただし、心エコー検査・腹部エコー検査・胃カメラ・透析などは、当院では行うことはできません。循環器内科・消化器内科・腎臓内科・神経内科・膠原病内科、内科だけでも専門に細分化されている昨今ですから、その垣根を越えて協力し合って診療に当たるべきと考えています。より専門的な対応が必要な場合は、他院を紹介させて頂きます。

Q2 採血の結果は、受診の同日にでますか?

主に、糖尿病・甲状腺疾患・脂質異常症の患者さんから問い合わせをいただいています。当院では、①血球数測定装置 (白血球5分類)、②生化学測定装置、③血糖・HbA1c測定装置、④甲状腺ホルモン測定装置、⑤尿分析装置の5台の機器を導入します。よって、受診の同日に、採血の結果が得られます (院内即時検査対応)。特に、④甲状腺ホルモン測定装置を導入している施設は少なく、甲状腺疾患の患者様にはよりメリットがあるように思います。一方、院内即時検査に対応するには、ただでさえ少ないスタッフで、血液の検体処理を行う必要が出てきます。全患者さんの全検体を院内でまかなうことは現実的には困難であり、外注検査と使い分けることとなります。採血結果を確認して投薬の調整が必要な疾患 (糖尿病・甲状腺疾患・脂質異常症など)、急性疾患 (白血球や炎症反応など)の患者さんを優先して測定させていただきますことをご了承下さい。

Q3 予約制とききました。受診したいのですが、予約日は先になってしまいますか?

患者さんから問い合わせをいただいています。当院では、診療を予約制にしていますが、下記などの理由があります。①待ち時間を減らしたい。②前もって曜日による専門医の不在を伝えたい。③緊急性のある患者さんを優先したい。急な体調不良などにより、すぐに受診したい場合も多いかと思います。当然ながら当日の受診が可能ですが、その場合もご連絡いただけますと流れがスムーズです。窓口に直接来られる方もみえますが、お断わりすることはありません。予約制といいましても、電話1本だけで予約可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。

Q4 仕事で山間部に出入りします。ハチのアレルギー検査はできますか?

林業や電線工事などで山間部に出入りする職業の方から問い合わせをいただいています。当院で、ハチアレルギー検査を受けて頂くことができます。詳しい説明をご参照下さい(⇒5-C. ハチアレルギー検査)。

Q5 待ち時間はどのくらいになりますか?

患者さんや付添いのご家族さんから問い合わせをいただいています。当院は2診体制であり、開院して間もないこともあり、診療時間に余裕があります。予約制にもしていますので、電話予約さえして頂ければ、現状ではほぼ待ち時間はありません。ちなみに目安として、受付と問診入力に5-10分かかり、その後診察になります。診察時間は、疾患や重症度により異なります。検査が必要な場合は、院内採血 30分、レントゲン・CT・呼吸機能検査などはそれぞれ5分くらいでしょうか。特にCTは、多くの施設で2-3ヵ月待ちが当たり前ですので、ただちに施行できることは患者さんにとって大きなメリットです。一方、個人の考えですが、外来診療において待ち時間は必ず出てしまうものとも思っています。優先しなければならない患者さんが必ず出てくるからです。例えば1人10分延長すれば、次の患者さんだけでなく、後ろの全患者さんで10分ずつ遅延することになります。そんな場合でもくつろいで過ごしていただきやすいように、待合スペースを広くとり、建物・庭・雑貨・本・音楽など、老若男女に好んでいただけるように配慮したつもりです。庭には小鳥たちが水浴びしに来てくれています、ちょうどご覧いただけるとよいですが、気まぐれです…。

Q6 かかりつけ医としても対応してもらえますか?

患者さんや付添いのご家族さんから問い合わせをいただいています。もちろん “かかりつけ医” としてご活用いただけます。先にも述べましたが、私たちは専門医でもありますが、内科医ですので、一般内科領域の診療も担当します。風邪・インフルエンザ・花粉症・健康診断などの際も、お気軽にご相談下さい。専門医とかかりつけ医をわける考え方がありますが、私たちは双方の役割を担いたいと考えています。専門医療といいましても、呼吸器全般・アレルギー・糖尿病・内分泌内科全般とかなり幅広い診療となっています。

Q7 何に対するアレルギーを持っているか、検査でわかりますか?

アレルギー疾患の患者さんから問い合わせをいただいています。当院で、原因アレルゲン検査を受けて頂くことができます。抗原回避や環境因子の改善という意味合いで重要な検査ですので、詳しい説明をご参照下さい(⇒5-G. 原因アレルゲン検査)。