HOME

『おおにし呼吸器・糖尿病内科 呼春の森 (こはるのもり) 診療所』 の公式ホームページです。

2018年5月に、津市一身田上津部田にて開院した、新しい診療所です。三重大学病院での診療経験をもとに、呼吸器・アレルギー内科、糖尿病・内分泌内科を専門とし、あたたかい医療を提供できるよう心掛けたいと思います。

特に、長引く咳、気管支喘息、糖尿病、甲状腺疾患に対しては専門的な対応ができます。どのようなことでもご相談下さい。また、内科としての一般診療も行っています。

待ち時間を減らすために、予約制にしていますが、電話1本でご予約できますので、お気軽にお問い合せ下さい (059-233-0024)。当日予約も可能ですし、病状の悪い方は早めに予約変更することも可能です。なお木曜日も診療しています。それではよろしくお願いします。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

たくさんのご応募をありがとうございました。看護師2名の採用が決定しました。引き続き、事務員1名(正規)を募集いたします。詳しくは下記をご覧下さい。

”呼春の森診療所で!働いてみませんか?”

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

NEW 2020.6.12

●おたよりに、“肺炎球菌ワクチン” を追加しました。

津市より、65歳以上を対象とした定期接種の案内通知の郵送があったようで、問い合わせが増えています。

●おたよりに、“新型コロナウイルス感染症 Q&A” を追加しました。

患者の皆さんの疑問や不安の声を集めました。
一日一日、ひとつずつ、みんなで頑張りましょう。

Q1 熱があります。どうしたらいいですか?
Q2 PCR検査はしてもらえますか?
Q3 咳が続きます。どうしたらいいですか?
Q4 アレルギーによる咳なのに、間違えられて困っています。
Q5 喘息の吸入薬をオルベスコに替えて下さい。
Q6 私の病気は基礎疾患に当てはまりますか?
Q7 糖尿病でも重症化しやすいですか?
Q8 若くても助からない人がいるのはなぜですか?
Q9 人工呼吸器や人工肺(ECMO)でよくなるのですか?
Q10 これまで感染者はいましたか?
Q11 病院に行かない方がいいですか?
Q12 先生は怖くないのですか?
Q13 テレビは信じていいんですか?
Q14 マスクは売ってもらえますか?
Q15 病院にはマスクはつけていくべきですか?
Q16 とても心配です。いつもより咳が多く、息も苦しい気がします。
Q17 ジムにも行けず、家にいるとついつい食べ物に・・・。どうしたらいいですか?
Q18 オンライン診療に対応していますか?
Q19 不平不満について。

●おたよりに、“開院2周年” を追加しました。

皆さまのおかげさまで、開院2周年を迎えることができました。

●おたよりに、“皆で患者に届けよう!” を追加しました。

1月29日(水)に『皆で患者に届けよう ぜんそく診療2020』と題して、医師会の先生方やコメディカルの方に講演させていただきました。

●おたよりに、“健康運動実践指導者” を追加しました。

当院のスポーツインストラクターが、健康運動実践指導者に認定されました。引き続き、運動療法やダイエット外来で、実践を積んでもらいます。

●おたよりに、“咳796人、明日の診療を思う” を追加しました。

呼春の森診療所が開院して1年が経過しましたので、診療を振り返ってみました。咳を主訴に受診された患者さんは796人みえました。この経験を、明日の診療につなげたいと思います。

●おたよりに、“妊娠と甲状腺疾患” を追加しました。

妊娠と甲状腺疾患についてです。不妊症の一因となることから、近年注目されており、妊娠前からの適切な管理が重要です。

●おたよりに、“妊娠と気管支喘息” を追加しました。

妊娠と喘息管理についてです。安全性の高い薬剤を選択して、きっちり吸入して、しっかり喘息をコントロールすることが大切です。(★2019年 最も閲覧されたページです)

●おたよりに、“最新型CPAP療法” を追加しました。

最新型の睡眠時無呼吸症候群の治療装置(CPAP療法)のご紹介です。手のひらサイズに小型化され、出張や旅行にも便利です。

●”呼春の森診療所” が、医療施設建築コンペ 全国優秀賞に選ばれました。
●おたよりに、”持続血糖モニタリング”“インスリンポンプ療法” を追加しました。

少し専門的な糖尿病診療のご案内です。当院は厚生労働省の施設基準を満たしており、保険診療で検査・治療を受けて頂くことが可能です。

●おたよりに、“呼気NO検査” を追加しました。

咳や気管支喘息などのアレルギー疾患の診察に用いる検査です。当院でもよく行っている検査ですので、解説させて頂きました。

●おたよりに、“原因アレルゲン検査”を追加しました。

アレルギー疾患の患者さんから問い合わせをいただいています。抗原回避や環境因子の改善という意味合いで、重要な検査ですので、詳しい説明をご参照下さい。

●おたよりに、“ダイエット外来” を追加しました。

専門医・管理栄養士・スポーツインストラクターの、3つの視点から考えたダイエットプログラムである “ダイエット外来” を発足することにしました。そのご案内になります。 (★2018年 最も閲覧されたページです)

●メニューに、“Q&A” を加え、Q14-17を新たに追加しました。

Q1 呼吸器・アレルギー疾患、糖尿病・内分泌疾患以外でも受診できますか?
Q2 採血の結果は、受診の同日にでますか?
Q3 予約制とききました。受診したいのですが、予約日は先になってしまいますか?
Q4 待ち時間はどのくらいになりますか?
Q5 かかりつけ医としても対応してもらえますか?
Q6 花粉症も診みてもらえますか?
Q7 何に対するアレルギーを持っているか、検査でわかりますか?
Q8 子供は診てもらえますか?
Q9 子供を連れて受診してもいいですか?
Q10 妊娠中でも診てもらえますか?
Q11 往診はしてもらえますか?
Q12 ワクチンは接種してもらえますか?
Q13 仕事で山間部に出入りします。ハチのアレルギー検査はできますか?
Q14 転居に伴うCPAP療法の継続は可能ですか?
Q15 禁煙治療はどのくらい成功しますか?
Q16 生活習慣病の予備群でも診てもらえますか?
Q17 就業時などの健診をしてもらえますか?

 

あたたかい専門医療を。