koharunomori のすべての投稿

患者一生涯から考えた喘息診療

2022年10月19日(水)に『患者一生涯から考えた喘息診療』と題して、津市会場とWEB全国配信のハイブリッドで講演させて頂きました。今回は恩師からのご指名での前座講演であり、恐縮しきりでした。

さて内容ですが、私は大学病院での診療歴が長く、主に肺癌診療に従事してきました。肺癌診療はとてもシビアな部分があり、単なる抗癌剤の選択のみに留まらず、患者さんの年齢や社会背景などを考慮した奥の深い診療が要求されます。

よって「人生のどの段階を歩んでおり、そのときに大切にしているものは何か」を考え、診療する癖が染みついていますが、喘息においてもそうではないかと最近つくづく思います。例えば2剤合剤か3剤合剤かなどの治療選択が話題となっていますが、患者さんが継続してくれなければ、その選択や検討は意味のないものとなってしまいます。当院での検討からは、若い男性患者において、治療からの脱落が多いようです。仕事に、恋愛に、子育てに人生を突き進んでいる時期なのでしょう。

患者さんにとっては「咳や喘鳴が止まること」が一つのゴールだと思います。でも実は終わっていなくて、問題は水面下で続いていきます。一生涯つきまとう問題であり、ここがなかなか理解してもらえない重要なポイントです。最近は「寛解(かんかい)」という言葉を使おうと言われています。「病気による症状や検査異常が一旦消失した状態」を指す医学用語です。寛解の維持が本来の目標なわけですね。

私は漫然とした無駄な投薬をそもそも好みませんので、特に軽い咳のみの方や軽症喘息の方においては、吸入薬を中止できないかどうかを真剣に考えます。ただし、継続が必要な患者さんの方が多いのが現状ではあります。

程度はあれど一生涯つきまとう問題であることを初診時に認識してもらい、仮に治療から脱落してしまったとしても、2回目、3回目の再発時には、患者さんも病状や治療継続の必要性を学んでいってくれるものと信じています。これまで約3,000例の喘息診療をしてきました。以上のように認識していただけるように、今後も伝え続けていきたいと思います。

ワクチン接種の最新情報

当院の方針は、下記の要項の通りになります。ご検討を頂き、接種をご希望の場合は電話にてご予約下さい。双方とも受付中で、インフルエンザワクチンは当日接種も可能です。コロンワクチンに関しては、現在オミクロン株(BA.5型)対応に切り替わっています。

また、これまで何度もお伝えしてきましたが、あくまでもワクチン、予防接種ですので、効果と、副作用や職種などによる必要性とのバランスが重要です。持続する高熱や強い倦怠感、血栓症や間質性肺炎など、無理して打つ必要がない場合、むしろ打ってはいけない場合もありますので、ご注意下さい(2022.11.27 更新)。

コロナワクチン(オミクロン株対応) 接種要項

●ワクチン:ファイザー社製オミクロン株(BA.5型)対応ワクチン
●接種間隔:前回接種から5ヶ月以上経過している
●日程:12月(満)、1月(空)
●接種日時:木曜日(午後)のみ
●体調不良以外は、原則キャンセル不可 (廃棄となるため)
●接種後15分を目安に、院内で経過観察する
●インフルエンザワクチンと同時接種を可能とする

初診の方でも(かかりつけではなくとも)、予約可能です。

インフルエンザワクチン 接種要項

●接種対象者:高校生以上
●日程:通常診療の時間帯(平日 午前/午後)、当日接種可能、受付中
●原則1回接種
●費用:3,500 円(助成のある方は、自治体により費用が異なります)
●コロナワクチンとの同時接種を可能とする。

初診の方でも(かかりつけではなくとも)、予約可能です。

新型コロナワクチン接種4回目 

新型コロナウイルス感染症、第7波の真っ只中です。当院でも、一般診療と時間をわけて「発熱外来」をしていますが、診断に至るケースが非常に多くなってきました。私たちも含め、誰しもが感染するリスクがありますので、発熱や咽頭痛・気道症状の際は、まず落ち着いて、それからお電話下さい。軽症例がほとんどですので、過度な心配はなさらないで下さい。

ワクチンに関しては様々な意見があり、新型コロナウイルス感染症自体もそうですが、初期の頃とは考え方が変わってきている印象です。年齢や基礎疾患など、基準を満たす方は接種すべきだと思いますが、これまでの接種で副作用が強かった方は控えてもよいのではないかと私は考えています。

さて、9月10月分のワクチン接種の予約を受付していましたが、本日(2022.8.17)、ワクチン推進室より安定供給できない可能性が高いとの連絡があり、不本意ながら一旦予約受付を中止させていただくことにしました。ワクチン事業に関しては、これまでも行政と現場にギャップやタイムラグがありましたが、これは致し方ないと考えています。とはいえ、期待されていた患者様さんには、誠に申し訳のない気持ちです。ご容赦下さい。

① 接種日時は、木曜日(午後)のみ
② 体調不良以外は、原則キャンセル不可 (廃棄となるため)。
③ 接種後15分を目安に、院内で経過観察する

 

患者を中心に重症喘息診療を考える

2022年7月21日(木)に『患者を中心に重症喘息診療を考える』と題して、東海三県のエキスパートの先生方に講演させていただきました。当院は診療所とはいえ、重症喘息の患者さんが非常に多くなってきました。

重症喘息に取り巻く問題点として、①三重県の呼吸器専門医数が非常に少ないこと、②喫煙・職業・趣味・ペットなど悪化の原因に気付いていないこと、③適切な診断と治療の選択ができていないこと、④患者さん側も治療をさぼってしまうことなどが挙げられます。

良くならない原因を相談しながら、患者さんと一緒に改善していく、そんな治療方針を心がけています。残念ながらそれでも改善が得られない場合、好酸球数などに応じて、切り札となる抗体製剤の使用が必要になることがあります。

各種抗体製剤の使用経験も10例を超えるようになり、東海エリアでも比較的多いそうです。ただし非常に高額な薬剤であり、患者さんや医療経済への負担も考慮しながら本当に必要な方に提供したいと思っています。

今回、静岡県と岐阜県の先生方とお話する機会も頂き、非常に大きな刺激を受けました。昨日は地元のきほく燈籠祭、3年ぶりの開催に向かう勇気や精神を感じました。明日はスタッフとのつらいお別れがあるのですが、患者さんの方を向いて、またみんなで頑張ろうと思います。

特定健診 2022

7月になりましたので、”特定健診” のご案内になります。対象者には、お手元に受診券が届いているかと思います。受付を開始しておりますので、お問い合わせ下さい。

さて、そもそも “特定健診” とは、40歳以上75歳未満の被保険者全員に、メタボリック症候群糖尿病などの生活習慣病の発症を予防することを目的に発足した制度です。生活習慣病の該当者や健康を害する恐れのある予備群を減少させることが目的とされています。

特に当院では、糖尿病メタボリック症候群脂質異常症などについて、専門的な診療を提供することができます。”特定健診” により、生活習慣病やその予備軍に該当した場合でも、その後の管理も含めて対応できますので、より安心して健診を受けて頂けるかと思います。また、各種がん検診 (肺、大腸、前立腺、肝炎ウイルス) も行います。

なお、かかりつけの患者の皆様もご利用できますので、定期的な健康チェックとしてもご活用下さい。それでは、お問い合わせをお待ちしています。

新型コロナワクチン接種3回目 終了の間近のご案内

現在、新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製)の接種を行っています。5月枠の予約を受付していますが、終了時期を検討しています。おそらく6月上旬になります。

接種をご希望の方はお急ぎ下さい。電話で受付しています。

特にこれまでと変更はありませんが、以下は要項になります。それでは、よろしくお願い申し上げます。

① 接種日時は、火曜日(午前)、木曜日(午後)の2択。
体調不良以外は、原則キャンセル不可 (廃棄となるため)。
③ 接種後15分を目安に、院内で経過観察する

新型コロナワクチン接種3回目 予約受付の一時停止について

現在、新型コロナウイルス感染症第6波の真っ只中です。当院でも、「一般診療」と時間をわけて、「発熱外来」をしていますが、発熱患者数も、診断に至るケースも増えてきています。誰しもが感染するリスクがありますので、発熱の際も落ち着いて、お電話下さい。

さて、期日が近づき、流行に刺激を受けるかのように、ワクチン接種希望者も増えてきました。当院でも3月からの接種の予約受付を開始したばかりですが、早速、一時停止せざるをえない状況となりました。

理由は簡単で、ワクチン(ファイザー社製)の供給不足です。行政からの当院への割り当て分を公表します。

・2月  20本 (120人分)
・3月  14本 (84人分)  ※
・4月  5本 (30人分)  ※
・5月  5本 (30人分)  ※
・6月  5本 (30人分)  ※

・合計  49本 (294人分)

昨年の接種の際は、上限50本/月の供給でしたので、いかに不足しているか、これまでと次元が違うことをおわかりいただけるかと思います。なお、約1000人に接種しましたので、単純計算で、約700人分不足します。

3-6月分(※)は最低確約数とのことであり、追加供給される可能性はありますが、直前にならないとわからないそうで、予約受付をすることができません。よって、一時停止させて頂きます。追加供給に大きな期待をすべきではなく、仮にこのままの本数であった場合は、不本意ながら、全く皆さまのご期待にお応えすることができなくなります。

2月下旬になりましたら、こちらのホームページや院内掲示などで、予約再開を案内させて頂きます。私たちの目の前には患者さんがいて、患者さんの目の前には私たちがいます。思うようにならないこともあり、悔しい思いもします。

このような状況ですので、お急ぎの方は集団接種(おそらくモデルナ社製)をご検討下さい。当院でもこのままファイザー社製ワクチンの供給が不足するのなら、モデルナ社製への切り替えを検討させていただきます。実はモデルナ社製であれば、現時点でもある程度供給されるのですが、様々な観点から、「双方を混在させて管理する余裕が当院にはない」との私の判断です。

最後に、私個人としては、この流行の中にあってもなお、ワクチン接種は慌てるものではないと考えています。前倒しが、将棋倒しになっているのが実状です。情報があふれ、混沌としていますが、あくまで予防接種です。また、予防効果が副作用を上回るべきであり、1回目・2回目で副作用の強かった方は、無理して接種する必要はなく、特に間質性肺炎の悪化や喘息発作を来した方はむしろ控えるべきです。

以上、長文になりましたが、ご了承いただきたく思います。今後も情報は公開してまいります。

2022.1.30 呼春の森診療所 院長 大西 真裕

放射線技師不在のお詫び

開院から約3年半、1人で支えてくれた放射線技師ですが、都合により、一時休職となりました。

ハローワーク・人材バンクなどを通して、放射線技師を募集していますが、もともと数の少ない職種でもあり、なかなか採用に至りません。

放射線技師不在のままの診療を余儀なくされますので、患者さまへの影響として、下記が懸念されます。また、それぞれの対応です。

・レントゲン撮影 ⇒ 院長・副院長で対応
・CT撮影 ⇒ 対応不可のため、延期もしくは近隣施設(他院)での施行
・甲状腺エコー検査 ⇒ 金曜日午前に副院長が対応
・院長・副院長が検査対応することで、待ち時間が延長

患者の皆さまにはご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。

新型コロナワクチン接種3回目

新型コロナワクチン接種3回目のご案内です。接種を受ける側、接種をする側、双方ともやや疲れている感が否めないですが、皆さまからの問い合わせも多くなってきました。

1月に入り、当院では予約受付を開始しました。3月の接種開始を予定しています。前倒しなどと慌てる必要はありませんが、希望者も多いと思いますので、これまで通り「予約制」とさせていただきます。

あくまで予防接種ですので、予防効果が副作用を上回るべきです。つまり、1回目・2回目で副作用の強かった方は、無理して接種する必要はないと考えます。特に間質性肺炎の悪化や喘息発作を来した方はむしろ控えるべきです。

以下は要項になりますので、よろしくお願い申し上げます。

① 接種日時は、火曜日(午前)、木曜日(午後)の2択。
体調不良以外は、原則キャンセル不可 (廃棄となるため)。
③ 接種後15分を目安に、院内で経過観察する。
④ ご予定の合わない方は、集団接種にまわってもらう。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

年末に、京都府北部に行ってまいりました。
雪の予報に電車旅へ変更し、私もゆっくりできました。
車窓からの風景です。

患者さんのことを考えながら、スタッフのことも考える。
しっかり向き合える一年にしたいと思います。

1月4日(火)から診療を開始致します。
それでは、本年も宜しくお願い申し上げます。